内部統制・内部監査支援

IPOのための内部統制支援
■IPOを目指す会社に向けた内部統制構築運用支援
内部統制運用(内部監査)代行
■内部監査業務のアウトソーシング

内部監査業務をアウトソーシングすることで
貴社の状況に合わせたムリ・ムダ・ムラのない対応が可能です!

内部監査業務のアウトソースを活用することによって、事業拡大や急な欠員などで人材不足に陥った場合の過度の負担が軽減され、業務をより円滑に、かつ効率的に進めることが可能になります。また、業務の簡素化・標準化を図ることも可能です。

当社の支援サービスの狙い

上場企業に求められる内部監査体制を「効率的」に構築するご支援をします

内部監査の業務に精通している外部専門家を活用することによって、クオリティの高い内部監査体制を維持・継続することができます。

人材確保・教育訓練の「時間」と「手間」を削減するご支援をします

専門的なスキルを要する内部監査担当者を確保するためには時間と手間がかかりますが、アウトソースすることによって、これを解消することができます。

内部監査の「信頼性の向上」を図るご支援をします

終身雇用制度や年功序列制度が障害となって、同僚や上司などを厳格に監査することは心理的抵抗もあり、難しい場合があります。第三者にアウトソースすることで、実効性のある厳格な内部監査を行うことができます 。

内部監査室の業務代行支援は

ぜひJMCAにおまかせ下さい!

経験豊富なプロの監査人が、独立した立場で貴社に適した有効で効率的な監査業務を代行します。
⇒ 数多くのIPOコンサルで培ったノウハウを活かします。

⇒ 内部からでは気づきにくい改善ポイントを指摘します。

⇒ 貴社の内部監査人の育成をお手伝いします。 

ココがポイント

■アウトソージングのメリット上場審査対応-主幹事証券会社審査

 アウトソーシングは、特定の業務を特定の社員が長期間担うことによって発生する可能性がある「業務の属人化」というリスクを回避するのに有効な手段です。第三者でも容易に理解できる形に業務内容を「標準化」し、不必要な業務を顕在化させることで、業務全体のスリム化が期待できます。
 また、事業展開のスピードと人員計画のスピードを揃えていくことも重要になってきます。その場合、人材の採用のみではなく専門的な知識をもつ外部事業者にアウトソーシングすることで、企業様の成長スピードを鈍らせることなく業務を効率的に展開していくことも可能です。
 一方、コア事業への経営資源の集約や、人件費・設備投資費などのコスト削減を目的として、専門的な能力を持った外部機関への業務委託(アウトソーシング)を活用している企業様も多くなってきています。

業務の効率化・コア業務への集中
内部監査室の業務を第三者へアウトソースするためには、業務そのものの効率化・標準化が欠かせません。業務の整理と標準化を図る事でムダ・ムリ・ムラを排除することが可能になります。業務をスリム化することで、貴社の中核業務にリソースを集中させることも可能になります。

メリット1

高い専門性・公正性の確保
監査法人等と密に情報交換を行い最先端のトレンドを把握している当社ならではの専門的ノウハウをご活用いただけます。また第三者による実効性のある厳格な監査により、監査結果の公正性を最大限に保ちます。また、プロの監査人のノウハウを貴社に落とし込むことも可能です。

メリット2

固定費の変動費化
必要なときに、必要なスキルを、必要な分だけご提供します。繁忙期のマンパワー不足にも的確に対応可能、時期による業務の繁閑差に柔軟に対応できます。報告書作成等、一部業務のアウトソースも可能です。

メリット3

業務内部監査代行
■業務内部監査の代行支援(内部統制監査以外)
まずはお気軽にご相談ください

電話またはメールでいつでもお問い合わせください。